8月楽しんでますか?まだまだ楽しいこと、ありますよ♪


残暑お見舞い申し訳あげます。

8月も気付けば折り返し。

「夏満喫!最高です!」と、声を大にして言える程ではありませんが、

それなりに堪能している今年の夏日々。

海行った、川行った、というやつではありませんが

「食」を通じて夏を楽しんでおります。

IMG_1580

先週は頂き物を含め大量の夏野菜に恵まれたので、

自宅の食事は毎食野菜のオーケストラでしたっ。

個人的には歯応えある野菜が好きです。

キャベツや胡瓜ですね。

IMG_1574

しっかり食事を摂り、歌う日々を過ごしている8月。

先週末の日曜日は、朝から晩までStarLights1色でした。

アピタ長津田さんでのインストアライブも4月から5ヶ月連続となりました。

毎月、同じ場所で同じ回数歌わせていただける事の有り難さを噛み締めながら、StarLightsメンバーの個性、

そしてグループでしか出せないメッセージをお届けしております。そんなアピタ長津田さんでのインストアライブは、ありがたいことに9月も決定となりました!

9月は11日の日曜日です。是非遊びに来てください♪

13:00からと15:00からの2ステージを終え向かった先はリハーサル。

夜は8/24.25に開催される「リーディングライブ」のお稽古でした。

IMG_1617

ピアニストの栗田丈資さんとの初顔合わせ、

そして伴奏を交えた朗読のお稽古は、何とも言えない素敵な時間…。

リーディングが初めてのメンバーも、

演出家大岡淳先生による的確でユーモア溢れるアドバイスにより、

いつものステージでは見られない新たな一面がドンドン出てくる出てくる!

つくづく個性的なメンバーが集まっているなぁ…

と感心する余裕はありません。笑

朗読する役に「憑依」して、カメレオンボイスの引き出しを沢山出しています。

今回のライブは朗読が中心ですが、

普段StarLightsのライブではなかなか歌うことのない楽曲を歌わせていただきます!

そしてあの曲も…特別バージョンでね♪

8月の終わりに、ジックリと。

芸術に触れてみては如何ですか?

南青山マンダラにてお待ちしております(^-^)/

ヨシザワコウタ


20160824_omote

20160824_ura

2016年8月24日-25日(2days)

南青山マンダラ企画 リーディングライブ2016夏 岸田國士を読む。

「トーキョー・ラプソディ」

~歌と演奏と芝居による岸田國士バラエティ・ショウ~

【日時】

8月24日(水) ①開場18:30/開演19:30

8月25日(木) ②開場12:00/開演13:00 

8月25日(木) ③開場18:30/開演19:30

【場所】南青山マンダラ

【演出】大岡淳

【出演】StarLights

(ヨシザワコウタ/中島理恵/染宮えりこ/胡麻鶴彩/小林さやか

高井良一利/小林優樹/熱田愛/安井啓秀)

【特別出演】服部吉次(劇団黒テント)/平井光子(重力/Note)

【ピアノ演奏】栗田丈資

【料金】4,500円(飲みもの付)

【電話予約】南青山マンダラ

(03)5474-0411(16時~22時)

【web予約】https://ssl.form-mailer.jp/fms/c5c7dcdf299538

※ヨシザワコウタ Official Website お問合せフォームからでも予約可能です。

~上演する戯曲~

 『是名優哉』(昭和4年)

夫を見送った妻と、夫の友人の男が、港に残される。ふたりには淡い恋心が芽生え・・・・・・というメロドラマを、演じるのが嫌になった男優がとった行動とは?!

 

『灯ともし頃』(大正14年)

晩春の夕暮れ時、喧嘩する両親のもとを飛び出した少年・一郎は、迎えに来た弟・三郎に、このまま池に飛び込んで死んでしまおうと持ちかけるが・・・・・・。

 

『遂に「知らん」文六』(昭和2年)

ハレー彗星の地球接近により、人類が滅亡すると皆が信じる中、パン屋の主人・文六は、うつらうつらと地獄の夢を見る。一方、文六一家の若者たちは、死を覚悟した狂乱の中、大胆な行動に出るのだった。

『StarLightsが朗読劇に挑戦!!?大岡淳との初コラボ!!』

 日本の現代演劇を牽引した天才作家、

岸田國士の作品をあえて「読む」!

演出家に大岡淳、メインキャストにStarLights、

そして超豪華ゲスト陣を迎え、

岸田國士の世界観に、音楽で華を添える、

歌と演奏と芝居によるバラエティショー。

大岡淳×ボーカルグループ×俳優×JAZZピアニスト

というコラボが遂に実現!!

~演出家あいさつ~

大正から昭和にかけて、まだ日本が小春日和を

謳歌していた時代に、劇作家・岸田國士は、

モダンなライフスタイルにハマり切れない、

不器用な男たち・女たちを描きました。

そんな愛すべき人々の物語を、愛すべき歌手たちが、

精一杯語り、歌います。お楽しみ下さい!

大岡淳



コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です